オールインワンジェルコラム

30代のためのオールインワンジェルの選び方とメリット・デメリット

30代女性のオールインワンゲル

職場でも、家庭でも、置かれている環境が変わっていき、めまぐるしい忙しさを実感するようになる30代。忙しさにかまけて、ついついスキンケアなどの美容面で手抜きをしたくなりますが、30代で頑張っておくと、その後の美容人生でも大きな差が出てくるともいわれています。

化粧水・乳液・美容液・ポイントケア美容液…女性のスキンケアには手間も時間もかかりがち。でも、もしワンステップでスキンケアが終えられるとしたら、もっと手軽に続けられると思いませんか?

こちらの記事では、お肌のゆらぎを感じ始めた30代女性のオールインワンジェルの選び方や、メリット・デメリットについてご紹介します。

おすすめオールインワンゲルランキング

30代の肌の特徴とは?

20代の頃は、少しくらい寝不足でも、食事バランスが乱れても、トラブル知らずだった肌。周りからは「お肌がキレイ」といわれるほどだったのに、最近では鏡をのぞきこむ度に憂鬱になる…そんなお肌のエイジングサインが現れ始めてくるのが30代です。

パッと見た感じは20代の頃とは変わらなくても、メイクでは隠し切れない肌の悩みが出てくる年代でもあります。

下記の記事では20代の為のオールインワンゲルの選び方を詳しく書いてきます。
20代のためのオールインワンジェルの選び方とメリット・デメリット

シミ

子供の頃から浴び続けている紫外線の影響や、出産・妊娠に伴うホルモン変化、ストレスなどが原因となって、メラニン色素が過剰に作られる様になってしまい、メラニン色素が上手く体外に排泄されず、色素沈着してしまうことによって発生します。

シワ・小ジワ

紫外線・加齢・乾燥などの要因があるといわれており、肌の真皮の変化などによって生じます。「カラスの足跡」と呼ばれている目元の小ジワや、ほうれい線のシワが気になり始めるのが30代です。

たるみ

肌のたるみには、肌の弾力低下や皮下脂肪の増減などが関係しています。たるみによって、毛穴のくぼみが気になり始める年代でもあります。

30代がオールインワンジェルを使うことで得られるメリット

お手入れに気合いを入れたいけれど、仕事や家事が忙しくてなかなか時間がとれない、そんな30代女性にこそオススメしたいのがオールインワンジェル。

朝の忙しい時間帯や、仕事で疲れて何もしたくないという時でも、洗顔後にオールインワンジェルを使うだけで全てのスキンケアがフィニッシュ。

時短スキンケアが出来る

単品を使ったスキンケアの場合、ひとつひとつのアイテムの効果を考慮しながら、正しい順番で使用することによって、得られる効果も大きく変わってくることが多いもの。オールインワンジェルの場合は、洗顔後にそれひとつを塗るだけでOKなので、一般的なスキンケアより大幅な時間短縮が可能。

コスパがよく経済的

化粧水、乳液、美容液…ひとつひとつのアイテムを個別に購入したり、全て同じブランドでライン使いを…となると、あっという間に10,000円は超えてしまうもの。オールインワンジェルの場合は、それひとつで全ての役目を果たしてくれるので、とても経済的です!

肌への刺激が抑えられる

単品ケアでのスキンケアは、そのステップごとに肌に化粧品を乗せる必要があり、多かれ少なかれ、その度ごとに肌には刺激となってしまいます。肌への刺激が繰り返されることによって、場合によっては、シミやシワなどが出来てしまうことも。

その点、ワンステップでスキンケアが終わるオールインワンジェルでは、その刺激を最低限に抑えることが出来るのです。

30代がオールインワンジェルを使用する注意点やデメリット

メリットが多く、忙しい女性にとっては、とても魅力的なオールインワンジェルですが、30代女性が使う際には具体的にどのような点に注意すればよいでしょうか?
またデメリットはあるのでしょうか?

単品を使ったスキンケアに比べて、「肌悩み」の改善レベルが低め

オールインワンジェルは、単品を使ったスキンケアに比べると、個別の「肌悩み」の改善はしにくい傾向があります。「乾燥肌」「弾力不足」などの具体的な悩みがある場合、最初からその悩みに沿って作られているオールインワンジェルを使うとよいでしょう。

季節や体調に合わせたスキンケアの微調整がしずらい

「今日は乾燥しているから化粧水だけ多目にしておこう」「なんだかニキビができそうな気配があるから乳液は控えめにしておこう」…単品でのスキンケアの場合、その時々の肌の状態によって、スキンケアアイテムの使用量の増減が出来ます。

オールインワンジェルはそれ一つで全ての役割を果たしているため、そのような微調整が難しくなっています。

人によっては保湿力が足りない場合もある

元々のその人の肌質や肌の状態、季節などによって、オールインワンジェルだけでは肌の保湿が不十分な場合もあります。そのような場合は、もうワンステッププラスして保湿効果の高い化粧品をプラスしたり、場合によっては、保湿成分がたっぷりと含まれたオールインワンジェルを選ぶ必要があります。

メイク直前には不向き

個人差はありますが、それひとつで全てのスキンケアが完了するというオールインワンジェルの特質上、肌の上に乗せた後も、しっとりとうるおっている時間が長くなります。

そのため、オールインワンジェルを肌に乗せた後すぐにメイクしてしまうと、メイク崩れが起きやすくなってしまいます。メイク予定のある場合には、その点に気をつける必要があるといえるでしょう。

30代のためのオールインワンジェルの選び方

様々な変化がおとずれ、トラブルに見舞われがちな30代女性の肌。では、30代の女性がオールインワンジェルを選ぶときに気をつけたい点とはどのようなことでしょうか?

肌の悩みにあったオールインワンジェルを選ぶ

「目の周りのシワが気になる」「なんだかほうれい線が目立つようになった気がする」…同じ30代女性であっても、抱える肌の悩みは千差万別です。

肌の悩みにピンポイントにアプローチしにくいオールインワンジェルだからこそ、望む効果にあった商品を選ぶ必要があるのです。

保湿成分に気をつける

30代女性が持つ、多くの肌の悩みに関係しているのが、肌の乾燥です。肌がしっかりとうるおいに満ちていると、その悩みも最低限に抑えることができるともいえるでしょう。

30代の女性の肌に、特に必要といわれているのが「ヒアルロン酸」と「セラミド」です。この両者の保湿成分は、それぞれ異なる場所にありながらも、どちらも肌に存在している成分。

そのためどちらか一方だけしか入っていないものではなく、肌の悩みと照らし合わせながら、2つの成分がバランスよく入っていそうなオールインワンジェルを選ぶようにしましょう。

アンチエイジング効果があるものを選ぶ

シミやシワ、たるみなどのエイジングサインが表れてくる30代女性の肌には、それぞれの肌の悩みに応じたアンチエイジングケア成分が必須となってきます。

具体的には、シミや肌のくすみで悩む女性には、美白成分の代名詞的存在の「ビタミンC誘導体」や、皮膚のターンオーバーを促進し、血行も促進してくれる「プラセンタ」、アミノ酸の一種でシミのある部位の炎症を抑える効果がある「m-トラネキサム酸」を、シワや小ジワで悩む女性には、医療の世界でも使われている「EGF」、ビタミンCの一種で医薬品にも含まれている「レチノール」などの成分が含まれているものを選ぶと良いでしょう。

30代のオールインワンルの選び方まとめ

毎日忙しい30代女性にとって、「時間短縮」は大きなテーマです。また、結婚や出産などによって、自分以外の家族にも時間やお金がかかるようにもなってきますよね。そんな世代だからこそ、ぜひ取り入れてみてほしいのがオールインワンジェルなのです。

ひとつのアイテムで全てのスキンケアが完了するというアイテムだからこそ、人それぞれの肌タイプや肌の悩み、ライフスタイルをしっかり考慮して、あなたの肌にピッタリのオールインワンジェルを見つけてくださいね!