お肌の悩み

乾燥肌におすすめのオールインワンゲルランキング

乾燥肌におすすめのオールインワンゲルランキング

手軽にスキンケアができるオールインワンゲル。確かに時短できる便利なアイテムですが、軽い感触なので、乾燥肌の人は保湿力が足りないんじゃないの?と気になりますよね。実はオールインワンゲルは、乾燥肌の人にとって最適なスキンケアアイテムなんです。

肌が乾燥する原因とともに、なぜオールインワンゲルが乾燥肌に適しているのか、解説していきたいと思います。

おすすめオールインワンゲルランキング

肌が乾燥する4つの原因

肌が乾燥する原因は1つではありません。主な原因は以下の4つです。

  1. 間違ったスキンケア
  2. 生活スタイルの乱れ
  3. 加齢による変化
  4. 紫外線やPM2.5、花粉などによる外的要因

外的な要因もありますが、自分自身が乾燥を招いている場合があるのが分かりますね。

実はやっていない?間違った乾燥肌スキンケア

実は乾燥肌で一番多いのが、1の間違った「スキンケア」。美容に対する意識が高い人ほど陥っている傾向があります。

多くの美容情報やスキンケアアイテムの情報を目にして、せっせとスキンケアに励んでも、その方法が間違っていたら意味がないどころか肌を痛めてしまいます。

特に多いのが、肌に摩擦を与えすぎているケース。スクラブやゴマージュなど、肌を擦るスキンケアアイテムを使っていないからと安心していませんか?こういったアイテムの使用以外でも、洗顔や化粧水を使う時に力を自然と入れすぎている場合があります。

スキンケアをする時は、極力肌に指が触れないように行うのがポイントです。洗顔やクレンジングをする時に、指が触れたままクルクルとマッサージをしていませんか。化粧水や乳液を使う時にコットンでパッティングしたり、力を入れて塗り込んでいませんか。

これらは全て肌を傷つける原因となってしまいます。スキンケアはとにかく「優しく」が鉄則です。自分で肌の保湿機能を弱めてしまい、乾燥肌の原因を作ってしまうので、心当たりがある人は今すぐ見直しをしましょう。

また、間違ったスキンケアアイテム選びも、乾燥の原因になります。洗浄力が強すぎる洗顔、コットンを使うふき取り化粧水、ピーリング効果がある化粧品、これらは肌ダメージを与えてしまうアイテムです。

肌の水分保持に必要な皮脂膜や、角質層のセラミドなどの細胞間脂質、天然保湿因子なども落としてしまう可能性があります。肌には自己修復能力があるので、自分で回復させることができるのですが、これらのアイテムを頻繁に使うと間に合わなくなってしまい、バリア機能が低下して乾燥を招いてしまいます。

絶対に使用してはいけない、というわけではなく、肌の状態を観察しながら使用頻度を変えるなどして、工夫しながら使ってみてください。

美容の大敵!生活スタイルの乱れ

睡眠不足や、食生活、ストレスといった日常生活の中にも、乾燥を招く原因が存在しています。特に注意したいのが、食生活。

栄養バランスの悪い食事を摂っていると、乾燥の原因になってしまいます。ダイエットをしている人は要注意。タンパク質、必須脂肪酸、ビタミン、亜鉛は肌状態に影響を及ぼす栄養素です。

特にタンパク質が不足すると、肌のターンオーバーが乱れてしまい、肌の水分保持力が低下してしまいます。質の良いタンパク質をしっかり摂ることを心がけましょう。

好き嫌いが多い人や、外食が多い人は栄養バランスが崩れてしまい、乾燥肌の原因になっている場合があります。食生活を見直して、健康的な肌の基礎作りを行いましょう。食事で摂取が難しい場合は、サプリメントを利用するのもおすすめです。

加齢や外的要因も、乾燥の原因

加齢によって皮脂分泌が減り、水分が低下するのも、乾燥の原因。女性の場合、30歳くらいからセラミドなどの細胞間脂質が減少していき、新陳代謝も衰えていきます。その結果ターンオーバーが乱れ、くすみやシミが起きやすい肌になってしまうのです。シミ対策は『シミ・そばかすに効くおすすめオールインワンジェル(ゲル)』で詳しく書いています。
紫外線やPM2.5、花粉などの外的な要因も、実は乾燥の原因の一つ。これらが刺激となって肌が炎症を起こし、乾燥を引き起こしてしまいます。かゆみが起きて肌を擦ってしまい、この摩擦が原因で乾燥を悪化させてしまう場合もあります。

乾燥肌を予防するスキンケア方法のポイントと対策方法

乾燥肌対策
乾燥肌を改善させるには、スキンケア方法を見直したり、栄養バランスを整えたりと、原因に応じた対策をする必要があります。

ここでは自分でできるスキンケア方法に注目して、対策方法のコツをご紹介します。

まずは水分をたっぷり補給させること

スキンケアは、保湿をさせるのが最重要ポイント。最初のステップとして、化粧水で肌に水分をたっぷりと与えてあげましょう。乾燥を予防させる効果がある美容成分には、セラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどがあります。

成分表を見て、これらの保湿成分が配合されている商品を選ぶようにしましょう。化粧水には、さらさらしたテクスチャーと、トロミのあるテクスチャーがあります。スキンケアは、肌にしっかりと浸透させないと効果を発揮しません。

しっとりタイプと書かれているものは、トロミがあるケースが多いのですが、このタイプは肌馴染みが良くないことが多くあります。さらさらタイプは感触は軽いですが浸透しやすいため、保湿力が弱い、とは一概には言えません。トロミタイプの化粧水で乾燥が改善しないなら、商品選びの見直しをおすすめします。

クリームや乳液で油分も補給

水分を補給した後は、適度に油分を補給しましょう。化粧水で与えた水分の蒸発を防いで、乾燥から肌を守ることができるアイテムです。着目したい配合成分は、セラミド、スフィンゴ脂質、リピジュアです。細胞間脂質を補ってくれる効果があり、肌の保湿力を上げてくれます。

シンプルな保湿ケア方法は、化粧水とクリーム(又は乳液)を使用する方法です。でも実はオールインワンゲルは水分も油分もしっかり含んでいるので、乾燥肌の人には適したスキンケアアイテムなのです。

オールインワンゲルが乾燥肌の人に適している理由は?

乾燥肌にオールインワンゲル
オールインワンゲルを指にとると、さっぱりとしていて、一見保湿力が低い印象を抱きます。ところがテクスチャーの印象に反して、乾燥肌の人に必要な水分も油分も含まれていて、乾燥ケアにオススメなアイテムなんです。

オールインワンゲル1つで保湿は十分?

化粧水とクリームを使うのが基礎的なスキンケア方法ですが、オールインワンゲルは両方の役割を果たしてくれるので、基本的にはこれ一つで問題ありません。

アイテム数が多ければ保湿力が高まる、というわけではなく、しっかりと水分と細胞間脂質を補う成分を肌に届け、乾燥を防ぐことが大事です。

オールインワンゲルはゲル状の中に水分と油分がバランスよく配合されていて、効率よく肌状態を安定させられます。

ただし、極度の乾燥肌の人で物足りなさを感じる、という人は、肌質に合わせて化粧水と組み合わせて使うことをおすすめします。

オールインワンゲルの浸透力の高さもおすすめポイント

化粧品はどれだけ良い成分が配合されていても、しっかり浸透しないと意味がありません。オールインワンゲルは浸透力が高いのが長所で、クリームと比べると、その違いが歴然としています。

顔にのせて優しくのばし、手のひらで包むようにして馴染ませたら、肌表面はさらっとしているのに、肌自体はしっとりと保湿されています。

肌に馴染みやすいテクスチャーですが、蒸発しにくいという特徴も同時に持っているので、乾燥肌の人にうってつけなアイテムです。

肌負担を減らせる

オールインワンゲルを使用すると、肌に触れる回数が減らせるため、乾燥の原因となる摩擦を防ぐことができます。ほんの少しの接触でも、肌にとっては大きなストレス。

スキンケアステップを減らすことで、肌を休ませることができ、肌の回復力を高めることができます。忙しくて適当にスキンケアをしている人は、つい力を入れて肌を触ってしまいがち。

こういう人は、オールインワンゲルを使用することで、乾燥を改善させられる可能性大です。

オールインワンゲルで乾燥対策をしよう!!

乾燥を効率よくケアしてくれるオールインワンゲル。スキンケアを楽にしてくれるところに着目されがちですが、乾燥肌にピッタリの特徴を持っています。

敏感肌用オールインワンゲル、美白用、エイジングケア用など、多くの商品がありますが、基本的にはどれも保湿力が高くなっています。自分の肌との相性や、プラスして欲しいスキンケア効果で商品選びをしてください。